近視の子どもの多くが

「眼軸長の伸び」が原因の

軸性近視

近視とは、眼球の中で網膜よりも前でピントが合ってしまうため、近くは見えても遠くが見えにくくなることです。近視にはいくつか種類がありますが、近年注目されているのが「眼軸長の伸び」が原因の近視。いったいどういった近視なのでしょうか。

TOPICS

  • 近視には4つの種類がある 
    「屈折性近視」「仮性近視」「軸性近視」「病的近視」
  • いま増えているのは、眼軸長が伸びる軸性近視

近視には4つの種類がある

近視は、強さの程度で「軽度」「中等度」「強度」「最強度」「極強度」にわけられるほか、以下の4種類にわけられます。

1.角膜・水晶体が原因の「屈折性近視」

角膜 水晶体

角膜のカーブが強かったり、リラックスした状態での水晶体の屈折力が強かったりすると、眼球の奥行きが正常でも、ピントが網膜より手前で結ばれてしまいます。この角膜や水晶体の屈折により起きる近視を「屈折性近視」といいます。


→目の仕組み・ピント調節について詳しくはこちら

2. 一時的に見えにくくなる「仮性近視」

近くをずっと見続けていると、水晶体の厚みを変えてピントを調節する筋肉「毛様体筋」が疲れて痙攣(けいれん)して元に戻らなくなってしまうことがあります。すると、ピントが近くに固定されたまま、一時的に遠くが見えにくくなることがあります。これが一般に「仮性近視」と呼ばれているものです。小学生で突然目が見えにくくなったときは、仮性近視がまず疑われます。毛様体筋の緊張をとる点眼で元に戻ります。

3.眼球の長さが原因の「軸性近視」

眼軸長

角膜から網膜までの長さを「眼軸長(がんじくちょう)」といいます。日本人の成人の場合、眼軸長の平均は約24mm程度です。この長さが数mmでも長くなると、ピントが網膜より手前で合ってしまい、遠くが見えにくくなります。これを「軸性(じくせい)近視」といいます。近視の多くが、この軸性近視です。

4.失明することもある「病的近視」

眼軸長の伸びるスピードが非常に早い、眼球の後部に異常なふくらみができるなどして、メガネなどで矯正できないような視力障害をともなうものを「病的近視」と呼びます。子どものころから発症することが多く、眼球の変形にともない、合併症として網膜や神経の障害を引き起こし、失明の危険もある深刻な近視です。

いま増えているのは
眼軸長が伸びる軸性近視

こうした近視の中でいま注目を集めているのが、眼軸長が伸びることが原因の軸性近視です。近視の多くが軸性近視であり、その数は増え続けています。

いまのところ、伸びてしまった眼軸長を短くする方法は見つかっていません。眼軸長が長くなると、眼球が引き延ばされて、網膜や強膜(眼球の外側の膜)、視神経などに負担がかかります。この負担が大きすぎると目にさまざまな異常が起こり、網膜剥離などの障害につながる可能性が高まります。

軸性近視をふせぐためには、成長期に眼軸長が伸び過ぎないように意識することが大切です。