「視力が下がる」って

どういうこと?

近視の仕組み

「視力が下がる」「視界がぼやけて見える」とは、どういう状態なのでしょうか? まずは、目がものを見る仕組みと、近視、遠視の仕組みについて解説します。

TOPICS

  • 目がものを見る仕組みとは?
  • 「正視」「近視」「遠視」の違い
  • 成長期に近視が進みやすい理由

目がものを見る仕組みとは?

水晶体 角膜 網膜

眼球を横から見ると、黒目の部分には「角膜」と呼ばれる透明な膜がドーム型に飛び出していて、これが第1のレンズの役割をしています。角膜の奥には茶色いドーナツ状の膜「虹彩」があり、これが開いたり縮んだりして、目の奥に入る光の量を調節します。その奥にあるのが、第2のレンズ「水晶体」です。眼球の中は「硝子体」と呼ばれる透明で生卵の白身のような液体が入っていて、眼球を適度な硬さに保っています。眼球後部の内側を覆うのが「網膜」で、ものを見るための視細胞が並び、神経や血管もあります。

角膜を通して光が目に入ると、水晶体は厚みを変えて網膜にピントを合わせます。網膜がとらえた光は、視神経というケーブルを通じて脳に転送され、脳は「像」として認識します。これが「見る」ということです。

「正視」「近視」「遠視」の違い

では、「よく見える目」と「メガネやコンタクトレンズが必要な目」では、どのような違いがあるのでしょうか。

人間の目は、リラックスした状態でいちばん遠くにピントが合います。そこから近くのものにピントを引き寄せて合わせるオートフォーカス機能が備わっています。

正視

リラックスして遠くを見たときに、網膜にぴったりピントが合っている状態が「正視」、つまり「遠くのものがよく見える」という状態です。眼球はきれいなボール型をしていて、角膜と水晶体で屈折した光がちょうど網膜上でピントを結びます。

近視

眼球の奥行きが伸びてしまっていることが多く、リラックスして遠くを見ても、網膜より手前でピントが合ってしまい、遠くのものがぼやけて、見えにくくなるのが「近視」です。ピントの合う位置が水晶体に近いほど、近視の度が強いということになります。

遠視

反対に、目の奥行きが短いと、リラックスした状態では網膜よりも後ろでピントが結ばれます。これが「遠視」です。遠視の場合、目の筋肉が緊張して水晶体の厚みをふくらませて光を屈折させてピントを手前に引き寄せます。若いうちはこの調節力でよく見える状態にすることができますが、遠視の度が強すぎたり、加齢で調節力が低下したりすると、遠くも近くも見えにくくなってしまいます。

成長期に近視が進みやすい理由

人間の赤ちゃんは、生まれたばかりのころは遠視の状態です。成長とともに眼球が伸びたり角膜がふくらんだりして、網膜にピントが合うようになります。大人と同じ視力になるのは3歳を過ぎるころといわれます。

子どもの目は、体とともに成長します。そして多くの場合、成長期が過ぎたころには、身長の伸びが止まるのと同様に眼球の伸びも止まります。

ところが、成長期になんらかの影響を受けて眼球の伸びが進んでしまうと近視になってしまいます。

小学生から高校生という成長段階に近視が進みやすいのはこのためです。