花粉と目に関する実験研究

多くの人を苦しめる花粉。その目への侵入を防ぐ今までのメガネはゴーグルのような見た目のものばかりでした。「もっとスマートにメガネで花粉対策できないか。」そう考えたJINSは実験・研究を重ね、より自然な見た目で花粉と戦う方法を発見しました。

メガネの装着によって目の表面への花粉の飛入を抑制

花粉カットメガネの着用で約98%の花粉をカット。通常のメガネよりも、より高い花粉カット効果を得られることがわかりました。

0%カット 裸眼 51%カット 通常メガネ 98%カット 花粉カットメガネ

医療機関と協力した独自の研究により、花粉カットメガネの着用によって約98%もの花粉の侵入をカットしていることを確認。通常のメガネ(51%カット)よりも花粉カットメガネのほうが、花粉の目の表面への付着を防止する効果が高く、こうしたメガネの使用が花粉症発症の予防や症状の軽減に有効であると考えられます。また花粉同様に黄砂や大気汚染物質PM2.5の目の表面への付着や紫外線も防ぎます。

※当社調べ/花粉のカット率は環境やメガネのかけ方、顔の形などにより異なります。 ※花粉カットメガネと通常のメガネを比較 ※ワセリン塗布カバーガラスの表面に固定した人頭模型をチャンパー内に設置。スギ花粉を噴霧し、カバーガラスへの花粉付着量を光学顕微鏡を用いて計測 ※実験は両国眼科クリニック 深川和己先生が実施・監修

両国眼科クリニック院長
深川和己先生

最も効果的な花粉対策は、
花粉の侵入を防ぐこと

スギ花粉は飛散開始が認められる前から、わずかな量が飛び始めるので、花粉前線が到達する2週間ほど前から早めに花粉対策をおこなうのがおすすめです。最も効果的な花粉対策は、可能な限り体内に花粉が侵入するのを防ぐこと。多くの方が花粉症対策としてマスクを着用するのに比べ、無防備になりがちなのが目です。目の症状が軽い方でも、目から入った花粉が涙に溶けて鼻涙管(目と鼻をつなぐ管)をつたい、鼻や口に侵入して症状を引き起こす可能性もありますから花粉対策メガネなどのアイテムをマスクと組み合わせてお使い頂くのはいかがでしょうか。