ブルーライト研究所 | 光から目と身体をサイエンス by JINS ブルーライト研究所 | 光から目と身体をサイエンス by JINS

近年、パソコンやスマートフォンの
使用が広がるとともに、
注目を集めているのがブルーライト。
このサイトでは、目や健康にどんな影響があるのか、
どのような対策が必要なのかなど、
ブルーライトの正しい知識と付き合い方を紹介します。

マバタキTV
マバタキTV

ブルーライトとは

ブルーライトは
強力なエネルギーを持った光

ブルーライトとは、太陽光に含まれている波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。紫外線の波長に近く、人の目で見ることのできる光(=可視光線)の中で非常に強力なエネルギーを持っています。また、ブルーライトは目や身体に大きな負担をかけると言われています。

体内リズムをコントロールする

目は体内リズムを調整する“時計”の役割を担っています。

目の網膜には、光の色と、明暗を感知する2つの視細胞が存在します。近年、このほかに「第3の視細胞」が発見され、サーカディアンリズムと呼ばれる体内リズムをコントロールする役割を果たしていることがわかってきました。

つまり、ブルーライトは健康を維持するために重要な役割を果たしている光なのです。

ブルーライトが増える現代社会

ブルーライトにかこまれた
私たちの生活

昔の人は太陽とともに生活していたため、ブルーライトを浴びるのは日中だけでした。しかし、近代になって照明が誕生してからは夜も明るくなり、人々の光環境と生活リズムは大きく変化しました。

とくに、青色発光ダイオードが登場してからは、LEDディスプレイを搭載したテレビやパソコン、スマートフォン、ゲーム機、さらにはLED照明など、身のまわりにブルーライトを発する機器が急増。これによって、生活の中でブルーライトを浴びる量が増え、体内リズムが乱れやすい環境になっています。

私たちの生活はブルーライトにかこまれているといっても過言ではありません。

進むマルチデバイス化で、
ブルーライトを浴びる時間は増えている

私たちが1日のうち、パソコン、スマートフォン、テレビなど、あらゆるブルーライトを発するデジタル機器に接触する平均時間は約5時間20分(2017年度)。直近10年間で約83分も増加しています。

ブルーライトは、LED照明からも発せられているため、私たちがブルーライトを浴びる時間は確実に増えつつあるのです。

参照:「メディア定点調査2017」(博報堂DYメディアパートナーズ/メディア環境研究所)より一部抜粋してグラフ作成

ブルーライトが多い3大機器はスマホ、ゲーム機、パソコン

近年LEDが普及したことにより、日常生活でブルーライトを浴びる量が増えています。

ブルーライトの放出量はデバイスごとに異なりますが、中でもスマートフォン、ゲーム機、パソコンは放出量がとくに多く、注意が必要です。また、液晶テレビはブラウン管テレビの3倍以上のブルーライトを放出しています。

ブルーライトの影響と対策

目の疲れ、肩こり、腰痛を招く可能性がある

ブルーライトはエネルギーが強い光で、眩しさを感じる原因になります。そのため、瞳孔を縮めようとして目を細めて目の筋肉を酷使したり、画面を見るために姿勢が悪くなったりして、肩・首のこり、腰痛などにつながる可能性があります。

また、ブルーライトを大量に浴び続けると、網膜もダメージを受けてしまいます。

睡眠の質の低下、病気リスクの高まりにつながる

ブルーライトは体内リズムに影響を与える光。以下のような影響を身体に及ぼします。

子どもの目はとくに影響を受けやすい

成長過程にある子どもは、目の水晶体が透明でにごりがないため、大人の目以上にブルーライトの影響を受けやすいと考えられます。スマートフォンやゲーム機の画面に無防備にさらされる子どもの目を守るために、子どものうちからブルーライト対策をおこなうことをおすすめします。

ブルーライトと上手に付き合おう

デジタルディスプレイ機器から発せられるブルーライトは、目や身体に大きな負担をかけます。デジタルディスプレイ機器を使用する際は、以下のような工夫をすることが望ましいでしょう。

ブルーライト対策
  • 1時間のデジタルディスプレイを見る作業を行ったら、15分程度の休憩を取る。
  • ディスプレイの輝度、コントラスト設定を調整する。
  • ディスプレイに、ブルーライトをカットするフィルターを貼る。
  • ブルーライトをカットするメガネを使用する。
その不調の原因も
ブルーライトかもしれません

肩こりや首の痛み、眼精疲労……。ブルーライトが身体のさまざまな不調の一因になっているのかもしれません。私たちが生活する中で当たり前のように浴びているブルーライトは、人が見ることのできる光の中でも非常に強い光です。紫外線並みに眩しく、強烈なブルーライトを浴びると、知らず知らずのうちに目を細めたり、眩しくて見にくい画面を見るために身体に負担がかかる姿勢のままで作業をしたりすることになります。そのせいで目の筋肉や神経はもちろん、首、肩の筋肉にまで負担がかかり、身体がバランスを崩してしまっているのかもしれません。

東京ビジョンアイクリニック
阿佐ヶ谷院長
南青山アイクリニック特別研究員
井手武先生

ブルーライトカットの実験研究